カードキャッシングを利用するメリットについて

カードローンではないクレジットカードキャッシング


カードキャッシングというのは、クレジットカードに付帯されているキャッシング枠を利用したキャッシング方法のことです。不測の出費に備えるためにカードローン契約を結んで、いつも財布の中にローンカードを入れておくという人もおりますが、カードローンにはあまり良いイメージがありません。

マイナスイメージがあるカードローン

銀行が運営しているカードローンが実際にはかなりたくさんあるのですが、一般人から見ると「カードローン=消費者金融」という図式が成り立ちます。昔から消費者金融に対する強いマイナスイメージを抱いている人が大勢いますので、ローンカードを所持していることを他人に見られてしまうことは、あまり良い結果をもたらさないのが実情です。その点、クレジットカードにはそのようなマイナスイメージが全くありませんので、持っていることを他人に知られても何も困らないというメリットがあります。

クレジットカードは手軽で便利

ですので、不測の事態の発生に備えて、クレジットカードにキャッシング枠を設定して常に所持しておくという方法はかなり有効です。急に現金を用意する必要に迫られるようなことがあったとしても、提携ATMにクレジットカードを差し込むだけで、即座にキャッシングすることができます。もちろん、キャッシング目的で利用するからといって、改めて審査が必要になることはありません。
そもそも、クレジットカード発行の際にはかなり厳しい審査が実施されていることがよく知られています。クレジットカードを持っているということは、その厳しい審査に通過できた証明とも言えますので、たとえキャッシング利用している場面を他人に見られるようなことがあっても、あまりマイナスの印象を与えません。社会的信用のある人が、一時的な不足を補うために利用しているだけとみなされるケースが多いので、自分に対する他人からの評価が低下してしまう心配がないという特徴があります。